エネルギーソリューション
  • 新電力とは
  • 電気を買いたい方
  • お申込の流れ
  • よくある質問
bn-b-sindenryoku.jpg(101981 byte)

新電力とは?

電力会社はお客様が選ぶ時代です。

電力自由化とは

電力自由化とは、これまでの地域で固定された電力会社だけでなく、Looopなどの新電力、いずれの電力会社からも電力が買えるようになることです。これまでの自由化はお客さまの使用する電気の供給電圧(V)と契約電力(kW)に応じて段階的に進められてきました。
2000年3月、規制緩和により電力自由化が開始され、当初対象となる部門は特別高圧のみでしたが、2004年4月には500kW以上、2005年からは500kW以下の高圧も対象となりました。
さらに2016年4からは50kW以下の低圧も加えられることが予定されており、電力完全自由化が目前に迫っています。
現在、高圧以上で電力の引き込みをされているすべてのお客様は電力会社を選択することが可能です。



新電力Looopの電気がご利用可能なシーン

新電力とは

電気の供給は、地域ごとに国から許可された一般電気事業者(現在、北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力など) のみが行ってきましたが、制度改革により、電力小売事業への新規参入が認められ新たに電気事業に参入した特定規模電気事業者(PPS:PowerProducer and Supplier)のことで、「契約電力が50kW以上の需要家に対して、一般電気事業者が有する電線路を通じて電力供給を行う事業者が「新電力」です。

特定電気事業者とは

平成12年度(2000年)に始まった「段階的な電力の小売自由化」により、経済産業大臣の認可を受けた新規参入した電力会社を特定規模電気事業者といいます。
2016年2月現在は「契約電力50kW以上を使用する工場・オフィスビル・スーパー 」などに、一般電気事業者(現在、北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力など)が所持する送電網ネットワークを利用して電気の供給を行うことが可能となっています。


Looopの電力供給サービス

Looop独自の需給管理システムにより
適正価格 安定した 電力を供給致します。

■対象:高圧受電しているオフィス、商業施設、学校など
■地域:東京・関西・中部・東北・九州電力管内



①省エネ中心の電力を調整
②夜間等は電力会社から調達





Looopの電力供給サービス

電気料金の基本料金・従量料金をそれぞれ
5%程度以上 低減が見込まれます。



  • 新電力とは
  • 電気を買いたい方
  • お申込の流れ
  • よくある質問